作品紹介

アンティケール・メモワール~曰く憑き取扱骨董品店~

イントロダクション

人や物に触るだけで、過去を視ることができるサイコメトリーの力を持つ主人公・雨宮立夏。
超能力少年として、世間に騒がれ、人気者だった立夏だったが、とあるTV番組収録で記憶喪失の少年の過去を視ることができず、信頼も何もかも全てを失ってしまった。
そして、数年後その少年と思いがけぬ再会を果たし、物語が動き出す…!
過去を巡る、骨董ファンタジー奇譚!

著者:マツキトウ

立ち読みする

トピックス

Link 関連情報

キャラクター紹介

  • 雨宮立夏

    雨宮立夏
    サイコメトリー能力を持つ高校生。性格は毒舌で捻くれ屋で潔癖症。自分の力を信じており、過去に慎の記憶を視れなかったことを忘れられず、捜していた。
  • 晴河慎

    晴河慎
    3年前からの記憶しかない少年。性格は明るくやんちゃで素直。記憶がなかった関係か、17歳だが、中身はまるで子供。
  • 大五郎

    大五郎
    曰く憑きになり、暴走していた人形。立夏に出会い助けられ、恩人である彼に心酔している。

Glossary 用語解説

サイコメトリー能力
人の記憶や物の残留思念を視ることができる能力。
力を使うと精神力と体力共に消耗する。
曰く憑き
持ち主の願いが、転移し、不思議な力を宿してしまった物。
能力は持ち主の願いによって違い、時には暴走することもある。

コミックス

  • アンティケール・メモワール~曰く憑き取扱骨董品店~(1)

    Gファンタジーコミックス
    アンティケール・メモワール~曰く憑き取扱骨董品店~(1)
    記憶も、思いも全てを差し出せ──。
    人や物に触るだけで、過去が視えるサイコメトリー能力を持つ主人公・雨宮立夏。そんな彼には過去、唯一能力が通じない記憶喪失の少年がいた。数年後、少年との思いがけぬ再会を果たし、物語は動き出す…。骨董品店を舞台に、人や物の過去を巡る、骨董ファンタジー奇譚!

    こちらの商品はお近くの書店、または上記サイトでお買い求めいただけます。

  • アンティケール・メモワール~曰く憑き取扱骨董品店~(2)

    Gファンタジーコミックス
    アンティケール・メモワール~曰く憑き取扱骨董品店~(2)(完)
    過去を知り未来を築く──。
    記憶喪失の少年・慎と出会い、彼の素直な優しさに触れ、自分に向き合っていく立夏。二人の間には絆が生まれ始めていた。そんな中、慎が起こしたという過去の事件が発覚! 真相を究明していく先に待っていたのは思わぬ悲劇で…。過去を巡る骨董ファンタジー奇譚、感動の最終巻!

    こちらの商品はお近くの書店、または上記サイトでお買い求めいただけます。