作品紹介

停電少女と羽蟲のオーケストラ

イントロダクション

灰羽灰羽灰羽灰羽灰羽灰羽a

原作:二宮愛
作画:白木苺
©IM/Re;no,Inc.ALL RIGHTS RESERVED.

立ち読みする

トピックス

キャラクター紹介

  • 灰羽

    灰羽
    ネムと契約した盲目の青年。ネムの停電を治療するため花鶏にやってきた。
  • ネム

    ネム
    光を宿せない停電中の蛍。捨てられていた灰羽を育ててきた、母親的存在らしいが…。
  • 漆黒

    漆黒
    花鶏に住む、義眼専門の医者。ネムを大切に想う灰羽に興味を持ち仕事を手伝わせている。
  • 橘

    橘
    漆黒の蛍。人間嫌いで喧嘩っぱやい性格をしている。灰羽とは犬猿の仲。
  • 柩

    柩
    漆黒の蛍。あまり感情を表にださない。漆黒に対する忠誠心はかなりのもの。

キーワード

蛍 〜ほたる〜
人の瞳に光を与える存在。その代償として契約者の寿命を吸い取る。
揚羽 〜あげは〜
蛍と契約し、瞳に光を宿した人間の総称。
蜉蝣 〜かげろう〜
蛍と契約していない盲目の人間の総称。
義眼〜ぎがん〜
蛍と契約しなくても視力を少しだけ回復させることができる。別名は硝子玉。
停電 〜ていでん〜
光を与えることができない蛍。ネムは停電中の蛍。
花鶏 〜アトリ〜
かつて野生の蛍の生息地として栄えていた村。

コミックス

  • 停電少女と羽蟲のオーケストラ(1)

    Gファンタジーコミックス
    停電少女と羽蟲のオーケストラ(1)
    俺にはネムがいればそれでいい
    人の眼が光を失った世界で、寄り添って生きる灰羽と“蛍”のネム。 ネムの「停電」を治すために、二人は醜くも美しい村・花鶏にやってくるが…。 寂しい魂が響き合い、羽音重なるオーケストラ、本日開幕――。

    こちらの商品はお近くの書店、または上記サイトでお買い求めいただけます。

  • 停電少女と羽蟲のオーケストラ(2)

    Gファンタジーコミックス
    停電少女と羽蟲のオーケストラ(2)
    俺はただお前と一緒にいたいだけなんだ。
    “停電”している蛍のネムを治療するため、灯屋で運び屋として働くことになった灰羽。彼の前に、復讐の炎に身を焦がす銀影が現れる。そしてその隣には、冷たい瞳をした一人の少女がいて…。人と蛍が紡ぎだす、悲シクモ美シキオーケストラ。第二幕、開幕──。

    こちらの商品はお近くの書店、または上記サイトでお買い求めいただけます。

  • 停電少女と羽蟲のオーケストラ(3)

    Gファンタジーコミックス
    停電少女と羽蟲のオーケストラ(3)
    ネム以外、他には何も見えなかった──。
    ネムの“停電”を治すため、灯屋で運び屋として働くことになった灰羽。ある日、漆黒から持ちかけられた意外な話。それは花鶏一の資産家の令嬢との縁談だった。灰羽とネムは様々な想いを抱えながら、すれ違っていき…。人と蛍が紡ぎ出す、切ナク揺ラメクオーケストラ。第三幕、開幕──。

    こちらの商品はお近くの書店、または上記サイトでお買い求めいただけます。

  • 停電少女と羽蟲のオーケストラ(4)

    Gファンタジーコミックス
    停電少女と羽蟲のオーケストラ(4)
    人間の瞳から光を奪う───。
    ネムが、忘れていた記憶の全てを思い出した。だが、今までとはまるで人が変わったような態度を見せ始める。そしてネムから語られる驚きの真実。その答えを前に灰羽が出した結論とは?人と蛍が紡ぎ出す、切ナク奏デルオーケストラ。激動の最終巻──!

    こちらの商品はお近くの書店、または上記サイトでお買い求めいただけます。