電気うなぎ少女

著者:山﨑千裕

STORY

――夏休み。 ウチの抵抗は、 彼との交流で変わっていった。
やや内気な高校生、八尾雫(やお しずく)は、体に電気を帯びてしまう特殊な難病を患っていた。
治療法は、「人に対して心を開く」こと。
が、病気にまつわる過去の経験から、雫は人と関わることを避けるようになっていた。
しかし、同じ名字を持つ転校生・ガラシャとの出会いが、雫と雫の持つ「電気うなぎ症候群」を変えていく…。