退廃キサナドゥ

牧山博隆

STORY

全てを飲み込む悪魔。それは人類の希望か、絶望か───。
二年前、突如姿を現し日本の約80%を侵略した自他進化型金属生命体、通称「グロース」。
あらゆる生物、無生物を餌とし絶望的脅威で侵攻するグロースになすすべなく追い込まれる人々の前に、異形の武器を操る少年が現れる。
諦めかけた未来に差し込む光は、やがて破滅へと色を変える───。