処刑少女の生きる道

原作:佐藤真登(GA文庫/SBクリエイティブ刊)
漫画:三ツ谷 亮
キャラクター原案:ニリツ
©Mato Sato/SB Creative Corp.

STORY

この世界には、異世界の日本から《迷い人》がやってくる。

過去に《迷い人》の暴走が原因で、世界的な大災害が起きた世界。世界を守るため、《迷い人》を見つけ次第、殺す役目を背負った《処刑人》であるメノウは、躊躇なく冷徹に任務を遂行していく。その最中、次のターゲットの《迷い人》である日本人の少女アカリと出会う。いつものように殺したはずなのに、なぜか平然と復活してしまう不死身の彼女。確実に殺しきるための方法を探すため、彼女を騙してともに旅立つメノウだが、妙に懐いてくるアカリを前に、メノウの心は少しずつ揺らぎはじめる。

『ダンまち』以来のGA文庫大賞《大賞》受賞作がついにコミカライズ!
異世界召喚の常識が覆るドラマティック異世界ファンタジー、ここに開幕!!
――これは、彼女が彼女を殺すための物語。

CHARACTER

  • メノウ

    主人公。迷い込んだ日本人を処理する教会所属の《処刑人》。迷い人に近付き能力を把握してから確実に殺害するのが基本スタンス。そのため、普段はわりとクールだが、外面を取り繕う演技に長ける。武器は教典と短剣。

  • 時任灯里
    (トキトウアカリ)

    日本から来た迷い人。自覚は無いものの、とある能力により実質不死身。彼女を殺しきる方法を探すメノウに丸め込まれて共に旅をすることになるが、のほほんと楽しんでいる。

  • モモ

    メノウの後輩。アカリを殺す旅のサポートにつく。メノウラブ。先輩大好きアピールの裏で健気に尽くしまくる陰の功労者。武器は糸鋸。教典魔導は苦手。